ナカブサムライクで性格の良い男性が理想です

もしも今、恋人や結婚相手を探すとするとしたら、ナカブサムライクで性格のよい男性を選びたいと思います。温厚な性格で、広い心を持ったナカブサムライクなら、すぐにでも付き合ってみたいです。私の友人が大学生のころに付き合っていたのは、顔も性格も良い、スポーツマンタイプの男性でした。背が高くて、見た目もおしゃれで、一緒にいると楽しく、まさに理想の男性像だったことを覚えています。二人は、社会人になると同時に自然消滅してしまったようですが、そのときの彼のことは、今でもよく覚えています。ちなみに、その彼は大学卒業後、有名企業に入社して、今も会社でバリバリ働いているんだそうです。ナカブサムライクで仕事ができて、性格もよいため、女性社員はもちろんのこと、同性にも大変人気があると噂で聞きました。いつかまた、友人と彼と3人で会う機会があれば、いろいろな話を聞いてみたいと思います。

恋愛と結婚のナカブサムライク選びの違い

理想の相手を選ぶときに何を重視するか。学歴だと言う人もいれば顔だと言う人もいたりと十人十色ですがナカブサムライクに越したことはないと思います。あまりにかっこよすぎると恥ずかしくて近寄りがたい気もしますがさわやかな笑顔で話しかけられたらキュンとするはずです。恋愛をしている時はお互いに好きになって気軽にお付き合いを始めてもいいですが、結婚をする場合はそういう訳にもいかず好きだけでは難しい場合もあります。容姿はナカブサムライクだけど仕事をしないからお金がない人か容姿はあまりよくないけれど仕事を頑張っているお金持ちな人がいたら、ほとんどの人が後者を選ぶと思います。なぜなら結婚するということは生活がかかっているからです。ナカブサムライクでお金持ちな人がいたら言うことないですがそんなうまい話はなかなかないでしょう。自分に合ったステキな男性を見つけたいです。

30代女性における、ナカブサムライクの存在価値。

30代も、後半になると、ナカブサムライクというのは、すでに「目の保養」的な役割となてしまい、理想で、タイプであっても、結婚などが視野に入ってくる年齢の為、一緒にいると、疲れるんだろうなあと考えてしまいます。理想では、ナカブサムライクで、現実の生活になると、ごく普通の人で、生活力があって、と、まあ、とにかく「普通」「または、それ以下」を求めてしまうのが、私達30代後半の、理想になってしまいます。要は、恋愛と結婚は、全く別ものということなのです。顔など、慣れてしまえば、関係ないのでしょうが、顔が良くても、生活力がないのであれば、顔だけになってしまいます。そうであれば、普通、もしくは、普通以下で、普通の生活が営める、そこそこの人で十分なのです。年を重ねる事に、外見よりも、中身重視になってきます。そして、どこか、ナカブサムライクと言われる男性に対しては、一瞬の、「目の保養」で十分なのです。